40歳から始める転職探し|天職ガイド

*

40歳で転職を考えたら

1.40歳の転職事情をしっかり理解する

 近年は40歳で転職するひとが増えていますが、市場的に考えると、決して有利な年齢ではありません。その背景には、40歳の中途採用者は給料が高いこと、職場で新たな人間関係を築けるかどうか不安に思われること、年齢的に仕事で保守的になるひとが多いことなどがあげられます。つまり、40歳になって満足度の高い転職を果たすためには、事前にしっかり計画をたて、準備することが前提となるのが現状なのです。

2.自己アピールポイントを探そう!

 単に同じ業界や職種で経験を積んできただけでは、40歳を過ぎた転職希望者を中途採用しようとは思わないものです。そこで、自分のアピールポイントが何かを、しっかり見極めなければなりません。

★ここがポイント!
・キャリアの見直しを徹底して行う
・職務経歴書を作成し、自分のコアスキルは何かを見つける
この二つを、転職活動のスタート時にしっかり行う必要があるのです。

3.コアスキルの重要性とは?

 例えば営業で管理職経験があったとしても、ずっと国内市場をマーケットにしてきたひとが、海外市場で即戦力として役立てるかというと、難しいのが実情です。営業の中でも自分が最も得意とする分野はどこかが、コアスキルとなります。

 このコアスキルと求人の応募内容がマッチングしなければ、内定が出るのは難しいのです。自分のキャリアの棚卸をしっかり行い、職務経歴書を作成することで、自分の強みが明確になります。もし、自分にコアスキルがないと感じたら、転職に有利な業務を経験するなど、長期的な視野で準備をすることもおすすめです。

コアスキルを自己アピールに使おう!

 応募書類や面接では、あなたは自己PRをすることになります。その際、コアスキルを伝える具体的なエピソードを添えてアピールすることで、採用担当者の印象に残りやすくなります。職種としてのアピールだけでなく、管理職経験の有無も伝えるべきですが、40歳であればいきなり管理業務だけを任されることは少ないものです。

 プレイング・マネジャーとして、応募企業の利益に直結したいという姿勢をアピールするようにしましょう。また、ネガティブな表現もご法度ですので、注意してください。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
  • 日本最大級の会員数を誇る転職サイト
  • キーワード検索など求人の検索方法が様々で探しやすい!
  • 職務経歴簡単作成ツールなど会員限定の役立つ機能が満載
  • 公式サイトへ

    利用者の声
    良かった
    自分の市場価値がなんとなくですが、把握できるのがリクナビNEXTのスカウトの優れたポイントでしょう。客観的立場で求職者を評価してくれるサイトは、検索タイプではあまり見かけません。リクナビNEXTが唯一かもしれません。自信を持って転職活動に取り組むことが可能となったお陰で、大満足の再就職に繋がりました。
    良かった
    20代や30代が転職者の中心という話は聞いておりました。そのため40歳からの転職は難しいと感じておりましたが、リクナビNEXTのコラムを読むことで、この年齢での転職も夢物語ではないと感じることができました。背中をまさに押していただいた感覚でした。第二の人生をスタートできたことに感謝です。
    良かった
    今まで条件のみで転職先を探していた私に、リクナビNEXTは他にも重要な検討事項があることに気付かせてくれました。これは本当に助かった。時間がある時に転職ノウハウに目を通しておいて良かったです。対策も練ることができたし、リクナビNEXTは多分これがあるから評価が高いんですよ。
    普通
    サービスの量と、それの有意義さは必ずしも比例しない。それがを示すのがリクナビNEXTというサイト。有効な情報も多いけど、その反面、それ必要かな?と思えるような情報もメールで届いたりなどする点が少し鬱陶しい。迷わずすぐに転職したい人にとっては少し邪魔な情報も多いかもしれない。
    普通
    私は無謀にも40歳からの転職を試みてみたのですが、リクナビNEXTのサービスによって転職できましたので、有り難くは思っています。しかしながら、結果的にリクナビNEXTで転職したに過ぎず、今勤めている会社の求人が他のサイトで見つけられたのであれば、そこで転職したような気もしています。


    公開日:
    最終更新日:2014/11/19